topimage

2017-11

Time After Time - Miles Davis - 2008.05.21 Wed


前回の続きで Miles Davis の演奏で、、、



クレジット(?)によると Live in Montreal 1985 とあります。
んーーーーんーーーーー、、、
やっぱりかっこいいですねーー
最初はそんなに思わなかったけど、いいですよ、これも。 ( lima )

スポンサーサイト

● COMMENT ●

嗚咽

隊長、流石です!
私は、マイルスのことも、JAZZのことも全然詳しくはわかってはいませんが、
マイルスのこのクリップを見て感じたのは、「嗚咽」ってことでした。吐き出す感じ、むせぶ感じというか、、、。
背景というより、感情表現というか、、、。
それが、コメントにあった人間臭いということと、繋がるのか、重なるのか、まったく、勉強不足のためわかっちゃいませんが、、、。
すいません。精進します。。。
そういえば、pHG氏がこの曲の譜面をもっていたような、、、。

皆さんありがとう

先日の街角、マハトマ・ガンジー氏をはじめライオネル吉野氏、最後はlimaさんまで来ていただい
てありがとうございました。演奏は練習不足がたたり最悪でした、折角来ていただいたのにまともな演奏ができずお恥ずかしい次第です。まだまだ精進が足りないことを痛感しました。新曲もいくつかあり、やはり初見は無理ということが今更ながら暴露された結果となりました。ところでこのビデオクリップ持ってます。ギターがあのジョンスコです。このほかシンディー・ローパーの曲?でヒューマン・ネイチャーだったかを演ってます。やはりマイルスは私の中ではコルトレーンと同じくらい敬愛するミュージシャンです。コルトレーンは「神」だけどマイルスは何故か生身の人間でアメリカの混沌そのものを感じてしまうのですが!マイルスのアルバムはほとんど持ってます。マイルスがいなかったらコルトレーンもハンコックもトニー・ウイリアムス、ショーター、チック・コリア、ジョーザビヌル、ベンソン、マクラフリンも世には出なかったと思います。ビバップからモダン、フュージョンまでJAZZのイノベーターであり、単なるトランペッターではない芸術家であると確信してます。コリトレーンはテナーの世界を変え、自己の小宇宙を追及し、神になってしまったけどマイルスは最後まで人間臭い芸術家だったような気がします。あくまでも私見ですが!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiribati.blog3.fc2.com/tb.php/106-4e62547c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花 - フォーククルセーダーズ «  | BLOG TOP |  » Time After Time - Cindy Lauper

information

Live Summary                Photo!!                Limitado!!                Kiribati?

counter

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

isaowaki@kiribati

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ