topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ana Carolina - Quem de nós dois - 2009.01.02 Fri


皆さん、あけましておめでとうございます。
お正月なんで、ブラジルものの気持ちの良いものを、と物色して、
Ana Carolina のライブ動画を載せました。


全然ドンカツって感じじゃないんですが、何かと食べ過ぎ系の元旦のしまいには、
このくらいじゃないと、ってことで。
そうそう、この方、パンデイロ叩きながら歌ったりもします。

パンデイロといえば、、、
NHK紅白で、宮沢和史の後ろでマルコス・スザーノが叩いてましたね~
残念ながら、私にはスザーノの音、ほぼ聴こえませんでしたけど。。。

自分等の話しをすれば、メディアも都合もある話ですが、今年はもうちょっとアピールしたいですね。
って、私の場合、何よりも技術向上スキルアップが大事なんですが、、。
ともあれ何にせよ、今年もよろしくお願いいたします。 ( lima )
スポンサーサイト

● COMMENT ●

Re: 凛とした正月

É Isso Aí
いいですね~、とても良いです~
脳ミソはがれますね。。。
全然チェック済じゃありませんでした。
しっかし、3年近く会ってないのに、相変わらず同じようなもの聴いてますねえ~
春に会うのが、またまた、楽しみになってきました。

凛とした正月

lima氏の言うシンとして凛とした正月が懐かしいもんです。こちらは、11月のサンクスギビングからクリスマスで締めくくりみたいな感もあって正月は2日くらいから平常通り。クリスマスツリーより門松の私としては、寂しいことこの上ありません。

Ana Carolinaもついに来ましたね。私は、 Seu Jorge とデュオで謳う「É Isso Aí」という曲がお気に入りです。それこそ何回聞いたかも分からず、家では完全に呆れられています。 Seu Jorgeの独特の声とAna Carolinaの太い声、理屈なく大好きです。Kennyさんにあやかるとあの横顔にもやられているかもしれません。何でも、題も「いいじゃない!」みたいないい感じの意味だって聞いたように思うけど忘れてしまった・・・。lima氏はチェック済みだと思いますが、気が向いたら視聴してみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=WgNhs5uEJ9E

私もこんなんですが、今後も引き続き、宜しくお願いします。


Re: あけましておめでとうございます

kennyさん、お正月からお忙しそうでご苦労様です。
昔とちがって元旦からスーパーも開いている時代で、まったくお正月のありがたみが薄れる、、
いやいや、スーパーのありがたみが薄れる、、、ん、、
なんだかわかりませんが、昔というか子供の頃っていうか、
あんまり電子的な音がしないっていうか、アナログっていうか、、、
さらに、なんだかわからなくなってしまった。スイマセン。
要するに、シンとして、ぼーーーっとしたお正月が懐かしいなあ、って感じなんですかねえ。
ともあれ、
> そんなの聴いている場合じゃない
なんてことは言わずに、
> 聴いてて何故かカッコイイんだよね、やっぱり好きだな。
で行きましょう!などと偉そうでごめんなさい。そういうつもりではないんですが、
そもそも、楽しくてやってることですし、
だいたい、このブログのタイトルにしたってkiribatiって何だよ?じゃないですか!
ブラジルでもラテンでもない、ヨーロッパでも中東でもない、
まして、旧大陸でも新大陸でもない、じゃないですか!
好きなもの手に持って、好きなように、って感じですし、、
とは言っても、バンドとしての音出しなんで、主張と尊重を調整して、
自分たちも聴いてる人も気持ちよくなれたらいいな、などと妄想したりします。
(そうは言っても本番してませんが、、、私の場合スキルアップが、、、)
よりいっそう何だかわからなくなってしまいましたが、
頑張りますのでよろしくお願いいたします。

いい

この姉ちゃんの声がいいね、体格も見事だしこの太い声を出すには、これくらいの体がないと出ないのかも!なぜラテン系の女性はこんなにも魅力的なのだろうか、やはり今年も女性とみれば体系を先に見てしまう私です、不謹慎だなー、

あけましておめでとうございます

年末は徹夜で正月早々寝ておりました。2日から始動開始しましたがこれまた飲んじゃ寝の繰り返しで3日は出勤、本日4日はうだうだであります。先ほほどten氏からメールをいただき今春には帰国とのこと、できればバンドに参加してもらいたいのですが如何なものでしょうか?DARK EYESをYOUTUBEで見ていて、トニーガトリフの映画を見たくなり検索していたら結構見てないものも多く、ライムワイヤーで探したもののヒットせず、無性に見たくなる始末であります。まったくギターには触っておりません。これからちょっと練習しようかと思ってます。しかし年末アマゾンで、ザ・バンドのCDを買い懐かしいなあなんて思いながらラストワルツのDVDを見てたりして、今さら私は何をやっているのでしょう。もっと聞いたり練習するものがあるのに、なぜか高校生の時に好きだったロビーロバートソンのギターに魅せられております。でもあの時代NYの音楽状況の中で、ROCKもJAZZも同時進行してた訳で、ロビーやガース・ハドスンの話の中にマイルスやJAZZマンの話も出てくるし、監督のマーティン・スコセッシもアメリカの白人音楽の伝統が流れているバンドの中のバンドという話であります。確かにアメリカ音楽、特に南部の黒人音楽と白人のカントリーMなんか混ざり合ったまさにアメリカのロックバンドて言う感じです。ロビーのことをいろいろ調べて見たら、とても嫌な奴みたいで少しガッカリ、すでにザ・バンドのメンバーの3人は他界し、カナダ人3人と南部の白人1人、インディアンと白人の混血(ロビー)1人のバンドがアメリカ音楽の集大成バンドだったことは確か見たいだし、聴いてて何故かカッコイイんだよね、やっぱり好きだな。そんなの聴いている場合じゃないことは十分承知しているのだけど、ともあれ真剣にギターを練習するようになったのはザ・バンドを聴いてからなのだからたまにはいいよね。トマチートも聴いてんだけどやりたい曲はどうも難しすぎてコピーに時間がかかりそうだし、譜面に落とすのも時間かかるし、相変わらずの怠け者です。ごめんなさい!、こんな私でも今年もよろしくお願いします。皆さん遊んでください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiribati.blog3.fc2.com/tb.php/172-75219b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Stand By Me - playingforchange.com «  | BLOG TOP |  » mfp7

information

Live Summary                Photo!!                Limitado!!                Kiribati?

counter

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

isaowaki@kiribati

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。