topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.2 in one soul @ 目黒 CAFÉ y LIBROS 無事終了! - 2010.10.03 Sun

昨日、『ブルース大学 特別講座 in one soul 目黒 CAFÉ y LIBROS』無事終了しました!
kiribatiでの初、都内遠征LIVEでしたが、なんとかやってまいりました。
わざわざ足をはこんでくださった皆さん、大変ありがとうございました!大変に感謝です!

Grupo de Capoeira Angola Pelourinho Japãoの皆さんも、
ブルース食堂の中嶋さんも、皆さんも、CAFÉ y LIBROSの皆さんも、とてもよい方ばかりで。。。
大変にお世話になりました。感謝です。
PAの都久山さん、大変ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

みなさん、大変ありがとうございました。 ( lima )
101002kiribatiポスター
スポンサーサイト

● COMMENT ●

登るたくなる~

hineさん
どうもありがとうございます。
木にというか、何か高いところに登りたい気分になるくなるくらい、嬉しいメールですね!!
まったく、もっともっと頑張らなきゃっって思えます。
ホントにホントに感謝です!

うれしい感想、知らない方から主催者に届く。

土曜日はお疲れさまでした。
久々に見知らぬ大勢の方の片隅で音楽をゆったりと聴きながら
心から楽しめることが出来ました。

沖縄風のブラックマジックウーマン、スカボロフェア
ブラジル等々、素晴らしく、しっとりと心に染みました。
同じ音楽を共有している時代性をうれしく感じつつ
キバチ風にアレンジされているオリジナリティも素晴らしいなと。

ボーカルの方の、気負っていないMCや、バンドの方々の
さり気ないけれどプロの佇まいとか、客席で聴いていらっしゃる方々の
エスニックな雰囲気とか、それぞれに楽しんでいらっしゃる様子とか
心にたくさん感じるものがありました。

ラストのほうで、ボーカルの方が、
「持ち歌がなくなったので、どなたか歌いたい方がいらっしゃれば…」
と客席に振ると
そういう雰囲気も大いに受けて。で、客席後方の若い男性に白羽の矢が
立ち、拍手が沸き起こって。
全員の期待が集まる中、青年は照れてステージには上がらなかったので
すが、
代わりに青年が「ハイサおじさんが聴きたいです」とリクエスト。
結局、「ハイサおじさんは、レパートリーにないので、もう一度聴きた
い曲をやりましょうか?」と
MCの方が客席に提案されて。
私は密かにスカボロフェアが聴きたいなと思いましたが、
何曲かのメドレーになり、最後は沖縄の振り付けのある曲で
スタンディングで盛り上がって。
上記青年と彼と一緒にいた外国人の男性や周囲の方々が、
「もっと!もっと!もっと!もっと!」とアンコールの拍手を主導して
さらに盛り上がって、本当にいい雰囲気のライブでした。

楽しもうとしている皆さんに混ざって、
私もわくわくと楽しい時間をリラックスして過ごすことができました。
ありがとうございました!

中嶋さんは、ホスト役として、ご準備や後片付けなども
大変にお疲れのことだったと思います。
イベントを企画・実行されることはご苦労がおありのことと存じますが
お慶びも一入でしょうね。敬服いたします。

宮崎君にも早速報告しました。すごーくいい雰囲気だったよ、と。
中嶋さんが背中を見せてくださったツェッペリンのTシャツのこ
とも!

またゆっくりお話できること楽しみにしています。

これからもお忙しい日々と存じますが
素晴らしい日の連続でありますよう。
そして、ぜひとも、お体お大切に。

では!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiribati.blog3.fc2.com/tb.php/295-6663db20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蘇州夜曲 - Ann Salley «  | BLOG TOP |  » Misako Kojya & Rimi Natsukawa

information

Live Summary                Photo!!                Limitado!!                Kiribati?

counter

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

isaowaki@kiribati

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。